マンCの若手育成力が凄い ディアス、ガン、サンチョら実力者輩出止まらない

レアルへ移籍したブラヒム・ディアス photo/Getty Images

トップチームには定着できていないが……

先日マンチェスター・シティからレアル・マドリードに向かった19歳のMFブラヒム・ディアスは、さっそく8日に行われたレガネスとのスペイン国王杯ベスト16第1戦に出場した。

ディアスといえばマンCの下部組織出身の選手だが、近年マンCは下部組織から優れた選手を次々と輩出している。今回はディアスがレアルへ向かうことになり、現在ドルトムントで活躍するMFジェイドン・サンチョも同じだ。

そこで英『Daily Mail』はマンCを離れた下部組織出身者を特集しているが、ここ数年でマンCは下部組織出身選手の売却で1億ポンドを超える額を生み出している。

有名なところでいくと、レスター・シティFWケレチ・イヘアナチョ(2540万ポンド)、サウサンプトンGKアンガス・ガン(1350万ポンド)、バリャドリードFWエネス・ウナイ(1270万ポンド)、リヨンDFジェイソン・デナイエル(990万ポンド)、シュッツトガルトDFパブロ・マフェオ(880万ポンド)らで、今回のディアスもボーナスを含め2200万ポンドでの移籍とされている。

彼らがマンCのトップチームで定着できていないことは嘆くべきことかもしれないが、これだけ優れた選手を輩出し続けているのは見事だ。まだマンCには天才と言われるMFフィル・フォデンもおり、若手育成には成功していると言っていいだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ