マンCは”2つ”のポジションを補強せよ! 連敗にサポーター焦り

レッドカードを受けるデルフ photo/Getty Images

層の薄さが浮き彫りに

いつかはリヴァプールの勢いも止まると思われていたが、最初に躓いたのはまさかの王者マンチェスター・シティの方だった。前節のクリスタル・パレス戦に続き、26日のレスター・シティ戦まで落としてしまったのだ。この連敗で首位リヴァプールとは勝ち点差7がついてしまい、予想外の躓きだ。

サポーターが問題視しているのは、アンカーと左サイドバックだ。アンカーは不動のフェルナンジーニョが務めるポジションだったが、直近2試合は欠場している。その代わりをジョン・ストーンズ、イルカイ・ギュンドアンが務めてきたが、やはりフェルナンジーニョだけは替えが利かない。

左サイドバックはバンジャマン・メンディが離脱しているため、ファビアン・デルフが代役を任されている。しかし英『Manchester Evening News』によると、サポーターはデルフの働きに満足していない。フェルナンジーニョの代役がいないアンカーを含め、補強の必要性を訴えているのだ。

「左サイドバックとアンカーを今冬に補強しないと、何も勝ち取れない」

「純粋な左サイドバックが必要だ」

「デルフは平凡な選手」

フェルナンジーニョが欠場した2試合で連敗したのは何とも特徴的で、アンカーの位置では層の薄さが出てしまった。ここからはチャンピオンズリーグ決勝トーナメントを含め重要な試合が増えてくるため、フェルナンジーニョの負担を軽減するためにも代役確保は必要だろう。左サイドバックも本職の選手を加えるべきかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ