ヴェンゲル、今後のキャリアプランを語る “日本行き”の可能性は……

現在は休養中のヴェンゲル氏 photo/Getty Images

独メディアのインタビューに応じる

モナコや名古屋グランパスなどの監督を歴任し、昨季までアーセナルを率いていたアーセン・ヴェンゲル氏が、今後のキャリアプランについて語った。

同氏は独『Bild』が行ったインタビューで、かねてより公言している監督業再開への意欲を強調。検討している行き先についても言及した。

「私はこれまで35年間仕事を続けてきた。2~3か月の休養をとることは、私の健康を考えると良いのだろう。ただ、また監督業には就きたいと思っている」

(『ブンデスリーガのクラブを率いる可能性はあるか』という問いに対し)

「おそらくないよ。次の職場がどこになるかは、私にも分からない。私の故郷の村かもしれないし、日本かもしれないし、それ以外の国になる可能性だってある。代表チームを率いることも可能だ」

日本行きの可能性を排除しなかったヴェンゲル氏だが、再びJリーグのクラブで指揮を執る日がおとずれるのだろうか。日本のサッカーシーンに強烈なインパクトを残した名将の動向から、今後も目が離せない。



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ