[移籍]12年前の約束を果たすために…… マンC退団のY・トゥレ、古巣復帰が決定

長年、マンCを支えてきたヤヤ・トゥレ。昨季をもって退団していた photo/Getty Images

たくさんのオファーがあったが……

ギリシャのオリンピアコスは2日、元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥレを獲得したと発表した。移籍情報サイト『transfermarkt』によると、契約期間は2019年6月末までの1年間となっている。

現在35歳のヤヤ・トゥレはモナコやバルセロナでのプレイを経て、2010年夏にマンチェスター・シティへ移籍した。加入初年度から長年にわたりチームの主力として活躍してきたが、ジョゼップ・グアルディオラが監督に就任すると、たびたび指揮官との確執が噂され出場機会が激減。昨季は公式戦17試合に出場にとどまっており、シーズン終了後にチームを退団していた。

そんなヤヤ・トゥレが新天地に選んだのが古巣であるオリンピアコスだ。わずか1シーズンのプレイではあったが、2005-06シーズンのリーグ優勝に貢献していた。ヤヤ・トゥレは自身のオフィシャルサイトを通じて「オリンピアコスに復帰できて光栄だ。私は2006年にここを去ったとき、戻ってくると宣言していた。その言葉を守れて嬉しいよ」と喜びを語った上で「ヨーロッパやアジア、アメリカ、たくさんのクラブからオファーがあった。だけど最終的に、私と特別な関係を持つこの素晴らしいクラブに決めたよ」と移籍理由を明かしている。

12年前の約束を果たし、古巣オリンピアコスへの復帰が決まったヤヤ・トゥレ。これまでの経験をチームに還元することができるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ