「イブラヒモビッチ不在でもノープロブレム」 スウェーデンは驚きの強さだった

サプライズ起こしたスウェーデン photo/Getty Images

死のグループFを突破

大会前から死の組と予想されていたグループFを首位で通過したのはスウェーデン代表だった。これは大きなサプライズだろう。死の組とはいえドイツ代表が1番人気だったのは間違いなく、それに続くのは1994年大会以降ベスト16進出を続けているメキシコ代表だったはず。その予想を覆してスウェーデンが首位で通過してしまうのだから、ワールドカップは面白い。

英『FourFourTwo』は、「イブラヒモビッチがいなくてもノープロブレム」とスウェーデンの躍進を称えている。プレーオフでイタリア代表を撃破してワールドカップ出場を決めた際にはズラタン・イブラヒモビッチ復帰説も盛んに取り上げられたのだが、イブラヒモビッチがいなくともスウェーデンは十分に強かった。むしろイブラヒモビッチ不在の方がチームとしてまとまることができている。

「イタリアをプレーオフで撃破したとはいえ、イブラヒモビッチ不在のスウェーデンがグループFを突破するとの期待は大きくなかった。スウェーデンは個のクオリティが欠けており、ドイツとメキシコが優勢。決勝トーナメントの前にさようならを言うことになると予想されていた。しかしスウェーデンはユニークな組織力を見せ、2006年大会以来となるベスト16行きを果たした」

同メディアはこのように伝えており、スウェーデンの決勝トーナメント進出に驚いている。ドイツに敗れはしたものの、メキシコを3-0で一蹴するなど実力を見せつけたグループステージだった。韓国、メキシコ相手には失点もなく、スウェーデンは決勝トーナメントでも厄介な相手となるだろう。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ