リヴァプールやアーセナルよりも多い! レスターがW杯に送り込む選手の数は”10人”に

日本代表に召集されている岡崎 photo/Getty Images

岡崎もその1人

レスター・シティはプレミアリーグの中でも中堅クラブの位置づけにあるが、意外にも代表選手を多く抱えている。徐々にロシアワールドカップのメンバー、あるいはメンバー候補が発表されてきているが、レスターは代表に10選手を送り込んでいるのだ。

イングランド代表ではFWジェイミー・バーディ、DFハリー・マグワイア、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケル、ナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョ、アーメド・ムサ、ウィルフレッド・エンディディ、ポルトガル代表DFリカルド・ペレイラ(今夏に獲得)、MFアドリエン・シウバ、チュニジア代表DFヨアン・ベナルアン、そして日本代表FW岡崎慎司だ。

地元紙『Leicester Mercury』も代表に10選手も送り込めていることを喜んでおり、この10人という数字はプレミアリーグの中ではマンチェスター・ユナイテッドと並んで4番目の多さだ。1位はマンチェスター・シティの17人、2位はチェルシーの16人、3位はトッテナムの12人だ。レスターはリヴァプールやアーセナルといったビッグクラブよりも代表選手を抱えていることになる。

ロシアの地でレスター選手がどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。クラブも楽しみにしていることだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ