超遅咲きの苦労人・バーディのストーリーはまだ続く!? 映画化案のフィナーレにW杯あり

イングランド代表のバーディ photo/Getty Images

ロシアの地での活躍も組み込みたい考え?

イングランドの8部リーグでプレイし、他の仕事をしながらサッカー選手としてのキャリアを歩んできたレスター・シティFWジェイミー・バーディ。その超遅咲きのキャリアは大きな注目を集め、2015-16シーズンにプレミアリーグを制したことで映画化の話まで持ち上がった。

また個人でもプレミアリーグ記録を更新する11試合連続得点をマークするなど、バーディの人生は映画化されるにふさわしいものと言えるだろう。8部からのし上がってきた苦労人、レスターでの奇跡のプレミア制覇。これだけでも十分ストーリーにはなるのだが、映画製作サイドはまだ満足していない。

英『FourFourTwo』は、ロシアワールドカップでの活躍をおとぎ話のようなエンディングとして組み込む考えを持っていると伝えている。バーディはイングランド代表に選ばれており、ワールドカップはこれがキャリア初だ。スタメンは確保されていないが、ロシアの地でスーパーサブとして活躍する可能性は大いにある。

バーディは自身の映画化案について「ディレクターと映画脚本家次第」と語っているが、今夏さらなる伝説が生まれるのか。イングランド代表がワールドカップを制してしまうようなことがあれば、バーディの人生はとんでもないものとなりそうだ。


●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.207 ブラジルが追加タイムの2発でコスタリカに辛勝
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ