フィルミーノのバックアッパーに最適? リヴァプールサポーターがカムバック望むFW

ヴォルフスブルクにレンタル移籍しているオリギ photo/Getty Images

ドミニク・ソランケより人気高く

現在のリヴァプールではセンターフォワードをロベルト・フィルミーノが務め、そのバックアッパーを若いドミニク・ソランケが担当している。今季を通してフィルミーノが負傷離脱していないため、センターフォワードの層の薄さはあまり問題となってはいない。しかし、ソランケをバックアッパーとして信頼しづらいのは事実だ。来季へ向けてフィルミーノの負担を軽減できる実力者が欲しい。

そこでサポーターから注目を集めているのが、ヴォルフスブルクにレンタル移籍しているベルギー人FWディボック・オリギだ。オリギはヴォルフスブルクで満足なシーズンを過ごしているわけではないが、18日に行われたホルシュタイン・キールとの降格プレーオフ1stレグでは貴重な先制点を記録。チームの3-1勝利に大きく貢献した。

英『HITC』はこのパフォーマンスからリヴァプールサポーターがオリギのカムバックを望んでいると伝えており、SNS上に挙がっているサポーターの声を紹介している。

「リヴァプールはオリギをバックアッパーとしてキープすべきだし、明らかにソランケとイングスより良い」

「少なくともオリギは使い物にならないソランケとイングスより上」

「オリギはリヴァプールのプランBになる」

オリギは185cmとサイズもあり、フィルミーノより空中戦で期待できる。異なるタイプとしてベンチに置くのもいいだろう。ソランケも188cmとサイズがあるが、オリギの方がパワフルだ。サポーターはオリギをレンタルに出し、オリギよりも3歳若いソランケをフィルミーノのバックアッパーにしていることに満足していない。今夏フィルミーノのバックアッパーを誰に任せるのか検討した方が良さそうだ。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ