“バラック2世”がW杯イヤーに急成長! 前イングランド代表監督も絶賛「弱点がない」

クリスタル・パレスでプレイするロフタス・チーク photo/Getty Images

ウィルシャー押し退けて代表入り

ロシアワールドカップを戦うイングランド代表にも選出され、ミヒャエル・バラック二世として評価を高めているMFルーベン・ロフタス・チーク。今季はチェルシーからクリスタル・パレスにレンタル移籍しており、そこでのパフォーマンスが高く評価されている。

クリスタル・パレスを奇跡の残留劇に導いた指揮官ロイ・ホジソンもロフタス・チークのことを絶賛している。英『The Times』によると、ホジソンはロフタス・チークがトップレベルのセントラルMFになれると感じているようで、チームのベストプレイヤーの1人と称えている。

「彼はセントラルMFが求める全てのクオリティを保っている。彼は我々のベストプレイヤーの1人だよ。彼より良い選手と一緒に仕事をした機会は多くないよ。彼はクラブ、代表で真のトッププレイヤーになれるよ。弱点がないからね」

ジャック・ウィルシャーが外れるほどメンバー競争が激しかったイングランド代表メンバーに入ったことはロフタス・チークにとって自信となるだろう。数年前から才能があると言われてきたチェルシーのユース出身MFが今季クリスタル・パレスでついにブレイクした。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ