化け物揃いすぎて出場機会確保は不可能? リヴァプールの若手FW「ここにはクレイジーな選手たちがいるんだ」

リヴァプールに移籍したソランケ photo/Getty Images

出場機会求めて移籍を選択も

昨夏に出場機会を求め、チェルシーからリヴァプールに移籍したU-21イングランド代表FWドミニク・ソランケ。ドルトムントで若手を育ててきた実績を持つユルゲン・クロップの下で飛躍したいところだったが、リヴァプールでも出場機会確保に苦しんでいる。

今季はリーグ戦の先発は3試合に留まっており、リヴァプールではロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ、モハメド・サラーの3枚が爆発していて割って入ることができない。英『Daily Mail』によると、ソランケは現状に不満はないようだが、リヴァプールの前線が
化け物揃いでポジション確保が難しいことを強調している。

「プレイできないのは常にフラストレーションの溜まるものだけど、リヴァプールでは楽しんでいるよ。チェルシーの時とは違うと言えるね。リヴァプールではクレイジーな選手たちがいるんだ。特に僕のポジションではね。多くのことを学んでいるよ。前線の選手たちは恐ろしいし、良いレッスンだよ」

リヴァプールの3トップは世界屈指の破壊力を誇り、若手が彼らからポジションを奪うのはほとんど不可能だろう。苦しい状況だが、途中出場からきっちりとアピールしていくしかなさそうだ。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ