「ペップは人間としてゼロ。臆病な犬」敏腕代理人ライオラ氏が名将を口撃

ライオラ氏の口撃の標的となったグアルディオラ監督 photo/Getty Images

イブラの冷遇が今でも許せない?

これまで数々のビッグディールを成立させてきた敏腕代理人ミーノ・ライオラ氏が、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督を口撃し、各国で話題となっている。

英『Daily Mail』や米『ESPN』などによると、ライオラ氏が母国オランダ誌のインタビューに応じた際、彼の顧客である元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチのバルセロナ時代を回想。当時、同選手を冷遇したグアルディオラ監督を今でも許せいないようで、次のように述べている。

まず、記者からグアルディオラ監督について聞かれたライオラ氏は「ペップは監督としては素晴らしいかもしれないが、人間としてはゼロだね。彼は古典的な聖職者みたいなヤツだ。『私が言ったことをやれ。言ってないことはやるな』というような人間だよ。マンCがチャンピオンズリーグを制することができれば、素晴らしい監督として彼の評価が高まるだろう。でも、私はあのようなタイプは好きじゃない」と語った。

そして「当時(バルセロナ時代)、グアルディオラはズラタンに『何か問題や苦情があるのならば私の元へ来い』と言ったんだ。でもその後、彼はズラタンを無視し、プレイをさせなかった。そして、挨拶すらしなくなったんだ」と明かしている。

また、イブラヒモビッチと同じ時期にバルセロナでプレイし、ライオラ氏の顧客だった元ブラジル代表DFマクスウェルへの対応についても「グアルディオラは臆病な犬だ」と述べた上で「彼は素晴らしいプレイを披露していたマクスウェルにも同じことをした。グアルディオラは復帰したアビダルを使いたかったようだが、これまでチームを引っ張ってきた彼を、CL決勝でメンバー外にするなんて酷すぎる」と言及。さらに、ライオラ氏は「私の選手は誰も彼のもとでプレイすることはないだろう」とも話している。


記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ