コンパニ前監督が去った来季2部のバーンリー、後任候補としてランパード氏を招聘か!?

選手時代は得点能力に長けたMFだった photo/Getty Images

最近では、カナダ代表の監督候補にも挙がっていた

今シーズン、プレミアリーグ19位で2部へ降格してしまったバーンリーが、次期監督にフランク・ランパード氏を検討していると『TEAM TALK』が報じた。

バーンリーと言えば、ヴァンサン・コンパニ前監督がブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンに引き抜かれるサプライズがあったばかり。成績不振での解任ではなかったが、このクラブにとってはコンパニ監督が移籍するにせよしないにせよ、来シーズンのプレミアリーグ復帰に向けた改革が必須だった。そして結果的に新監督と共に新たなスタートを切らなければならなくなったが、候補に挙がったのがイングランドの中盤のレジェンド、ランパード氏だ。

ランパード氏は、直近では2022−23シーズンの終盤に暫定監督としてチェルシーでの2度目の指揮官となった。このシーズンのチェルシーは、トーマス・トゥヘル監督でスタートし、9月にグレアム・ポッター氏が後任監督に。しかしチームは低迷し、2023年4月にポッター氏が解任されると、ランパード氏が尻拭いをする形で就任したのだった。だが、それでもチームの立て直しができず、リーグ戦12位で終わった。ちなみに彼は同シーズン、チェルシーに来る前にエヴァートンを成績不振で解任されている。
ランパード氏の監督としての実績と言えば、チェルシー第一政権、2019−20シーズンの4位、それから初めて監督を務めた2018−19シーズンのダービー・カウンティだろう。2部ながらカラバオカップ3回戦では、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるマンチェスター・ユナイテッドに勝利し、リーグ戦では惜しくもプレミアリーグ昇格はあと一歩というところで逃したが、昇格プレイオフの決勝までチームを導いた。

ランパード氏自身もこの役目に熱心であり、まだ監督として再起を図りたいと望んでいるという。果たして監督就任が実現し、ランパード氏が再び2部の舞台で実績を残すことができるのか、今後の動向に注目したい。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ