ボーンマスからダブル獲り? ニューカッスル、今夏にボーンマスからDFケリーとMFビリング獲得か

ボーンマスのロイド・ケリー photo/Getty Images

両者共に今季は好調

ニューカッスル・ユナイテッドは、今夏新たにボーンマスから2人の選手を獲得する可能性がある。

英メディア『Daily Mail』によると、ニューカッスル・ユナイテッドは今夏、ボーンマスからDFロイド・ケリーとMFフィリップ・ビリングの獲得を検討しているという。

ケリーはかつてボーンマスで指揮を執っていたエディ・ハウ監督が獲得を希望しており、一方のビリングは移籍の噂があるMFジョエリントンの後釜として獲得を目指しているようだ。
現在25歳のケリーは今季ボーンマス率いるイラオラ監督のもとで力強いプレイを連発しているが今季で契約満了となるため、今夏の移籍市場で最も注目されるフリーエージェントの一人とのこと。実際にこの冬にはリヴァプールやトッテナムが獲得に動き、また今夏にはACミラン、モナコ、シュツットガルトといった国外のクラブも獲得に動くという。

一方のビリングは、先月にハウ監督が獲得を検討したがニューカッスルが財政的な制約を受け、移籍は実現しなかった。しかしジョエリントン退団の可能性がある今夏、再び獲得の可能性が浮上してきているようだ。同メディアによると、ビリングは1500万ポンド(28億円)ほどで獲得できるため、ジョエリントンの後釜として最適だという。

1月に財政的な制約を受けたが、今シーズンもチャンピオンズリーグ出場権を獲得すれば、クラブの財政状況が大幅に改善されるニューカッスル。好成績を残し、ボーンマスからのダブル獲りを実現させるのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ