これで得点力不足解消なるか!?  チェルシー、ニューカッスルFWカラム・ウィルソン獲得へ

ニューカッスルのウィルソン photo/Getty Images

ウィルソンはチェルシー移籍に前向き

アーセナルやマンUといったビッグクラブも興味を示しているカラム・ウィルソンだが、本人はチェルシー移籍に前向きで今冬にニューカッスルを離れてチェルシーでプレイする可能性が高まっているようだ。

英『Team Talk』によると、カラム・ウィルソンは、セント・ジェイムズ・パークを離れ、チェルシーとの契約に前向きであると代理人に伝えたという。既に冬の移籍市場が閉まる前に1800万ポンド(約38億円)の移籍金で取引を成立させる準備が整っているようだ。

そんな現在31歳のC・ウィルソンは地元クラブのコヴェントリーで2009年にプロデビュー。2014年にボーンマスへ移籍すると、1年目からチャンピオンシップで20得点を記録し、クラブのプレミアリーグ初昇格の立役者となった。その後、2度の前十字じん帯断裂を負ったが、持ち前の得点力を活かしてプレミアリーグ屈指のイングランド人ストライカーへと成長を遂げ、2018年にはイングランド代表デビューを果たし、2020年夏にボーンマスからニューカッスルに移籍した。昨シーズンはプレミアリーグ31試合で18ゴール5アシストを記録してチームのトップ4入りに大きく貢献すると、昨年9月にはクラブとの契約を2025年夏まで延長していた。
ニューカッスルは現在ファイナンシャル・フェアプレイ(FFP)抵触の恐れがあり、新戦力獲得のためには主力の売却が必要な模様。これまでもイングランド代表DFキーラン・トリッピアーのバイエルン行きやパラグアイ代表FWミゲル・アルミロンのサウジアラビア行きの噂が流れていた。

ウィルソンは今シーズンもここまで負傷を繰り返しながらも、公式戦20試合出場で8ゴール1アシストを記録するなど、主力として活躍しているが、果たして移籍は実現するのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ