バルセロナのシャビの後任は? アーセナルのアルテタ監督も候補の1人に

古巣バルセロナから誘いはあるか photo/Getty Images

アーセナルとの契約は残り18カ月

今季限りでバルセロナを退任するシャビ・エルナンデス監督の後任として、アーセナルのミケル・アルテタ監督が候補者リストに名を連ねていると、英『Daily Mirror』が伝えている。

1月27日バルセロナのシャビ監督は今期限りで、チームの指揮官を退任すると発表した。バルセロナは現在新監督を探しており、後任の1人としてアーセナルのアルテタ監督をピックアップしている。

アルテタ監督は、現アストン・ヴィラのウナイ・エメリ監督の後を継いで以来、アーセナルを真のタイトル候補へと変貌させた。2020年にはFAカップ優勝に導いている。まだ契約が18カ月残っているアルテタ監督は、クラブへの深い愛情、マンチェスター・シティへの挑戦願望を持っており、アーセナルでの仕事に満足しているため、バルセロナとの交渉は長期戦になるだろうと予測されている。
しかし、バルセロナはアルテタ監督のプロキャリアをスタートさせた古巣クラブであり、夏にアプローチがあれば可能性は否定できない。シーズン終了前にシャビを解任しないと明言しているバルセロナにとっても、夏は絶好のタイミングだ。

また、他のバルセロナ監督の後任候補リストには、ジローナを率いるミチェル監督、バルセロナBのラファ・マルケス監督、ボローニャのヘッドコーチを務めるチアゴ・モッタが含まれている。

アルテタ監督のバルセロナの就任はあり得るのだろうか。今後の展開から目が離せない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ