Warning: file_get_contents(https://www.theworldmagazine.jp/ranking.php): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/theworldmag/theworldmagazine.jp/public_html/wp-content/themes/theworld2015/header.php on line 8
「日本が負けたのだから、この大会の厳しさが分かる」 豪州代表監督も驚くアジアカップのレベル|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

「日本が負けたのだから、この大会の厳しさが分かる」 豪州代表監督も驚くアジアカップのレベル

オーストラリア代表を指揮するアーノルド(右) photo/Getty Images

先の読めない戦いに

日本がアジアカップ第2節でイラクに敗れたのは、他の出場国にとっても衝撃が大きかったのではないか。開幕前は日本を優勝候補筆頭に推す声も多く、他国もどのラウンドで日本と対戦することになるのか色々とシミュレーションしていたはずだ。

豪『Sydney Morning Herald』によると、オーストラリア代表を指揮するグラハム・アーノルドも日本の敗戦からアジアカップのレベルが甘くないことが分かると警戒感を示している。

「グループ首位通過が当初からの我々の目標だ。日本が負けたのだから、この大会の厳しさが分かるね。日本がイラクに負け、韓国がヨルダンに引き分けたことを見れば、ここ中東ではこれらの国がうまくやっていることが分かる」
現在グループBのオーストラリアは2連勝でグループ首位に立っており、今夜2位ウズベキスタン代表との直接対決を迎える。ウズベキスタンは勝ち点4となっているため、オーストラリアは引き分け以上で首位突破となる。

首位通過の場合、オーストラリアはベスト8でサウジアラビアか韓国、あるいはヨルダンと対戦する可能性が高く、ここが1つの正念場となるか。ただし本来はグループDを日本が首位通過してくるとの予想だったはずで、その場合はベスト4でオーストラリアと日本が当たる可能性もあった。

グループDはイラクが首位通過となり、オーストラリアにとっても予想外の展開だったか。日本の敗戦や韓国と互角に戦ったヨルダンの奮闘もあるなど、アジアカップは当初より読めない戦いとなっている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ