“ベルギー黄金世代”は特別 アントワープの優勝に貢献したアルデルヴァイレルトがベルギー年間最優秀選手に

アントワープでプレイするアルデルヴァイレルト photo/Getty Images

キャプテンとしてチームをまとめる存在に

今は徐々に若手への世代交代が進んでいるが、2010年代よりベルギー代表を引っ張ってきた黄金世代は今でも特別だ。

現在ベルギーの国内リーグでハイパフォーマンスを続けているのは、代表通算127試合をこなしてきた34歳のアントワープDFトビー・アルデルヴァイレルトだ。

トッテナムやアヤックスなどでも活躍してきたアルデルヴァイレルトは、すでに代表を退いている。そのぶん所属するアントワープでの戦いに専念できており、チームは昨季66年ぶりのリーグ優勝を果たしている。アルデルヴァイレルトはキャプテンマークを任されており、そのチームの中心なのだ。
ベルギー国内リーグで最も活躍した選手に贈られる『ベルギー・ゴールデン・シュー』も昨年はアルデルヴァイレルトが選ばれており、母国のアントワープで充実した時間を過ごしている。

今季もリーグ戦は怪我で欠場した1試合を除く全てのゲームにフル出場しており、チャンピオンズリーグでもグループステージ5試合にフル出場。最終節ではバルセロナにも3-2で勝利した。ベルギー代表を退くなどピークは過ぎたかもしれないが、アルデルヴァイレルトはまだまだ高いパフォーマンスレベルを保っている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ