W杯・ベスト4の力を示せるか アフリカの頂点を目指すモロッコの戦い「責任のようなものを感じる」

カタール大会で世界を驚かせたモロッコ代表 photo/Getty Images

カタール大会での勢いは本物か

13日より、コートジボワールにてアフリカ・ネイションズカップ2023がスタートする。

その優勝候補の一角に挙げられるのが、2022年のワールドカップ・カタール大会でベスト4入りを果たしたモロッコ代表だ。

GKヤシン・ブヌ、DFナイエフ・アゲルド、アクラフ・ハキミ、MFソフィアン・アムラバト、ハキム・ツィエク、FWユセフ・エン・ネシリ、アブデ・エザルズーリら攻守両面でタレントが揃っており、アフリカの頂点を狙うだけの力はあるはず。
また、ワールドカップ・ベスト4入りの成績に恥じぬ戦いも求められる。英『BBC』によると、チームを統率するアル・シャバブ所属のDFロマン・サイスも責任のようなものを感じるとコメントしている。

「もちろん、(期待という点で)何かが変わった。ワールドカップで準決勝に進むのは難しいことで、僕たちはこのレベルを維持し、モロッコのサッカーが成長し続けるのを助けなければならない。プレッシャーというよりは、責任のようなものを感じるね」

モロッコが継続的に成長していくには、カタール大会のベスト4入りに満足しているわけにもいかない。アフリカNo.1の座を勝ち取り、2026年のワールドカップへ弾みをつけることが求められる。おそらくは今大会でも特別な注目を集めるだろうが、選手たちはその期待に応えられるか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ