“FIFAランク100位”からEURO出場のミラクルへ カザフスタンの快進撃はまだ終わらない

EURO予選で快進撃見せるカザフスタン代表 photo/Getty Images

フィンランドに見事な逆転勝利

14日のEURO2024予選・デンマーク戦は1-3で落としてしまい、続く17日に行われたフィンランド戦も前半に先制を許す苦しい展開となるなど、グループHで密かな快進撃を見せてきたカザフスタン代表もここまでかと思われた。

しかし、フィンランド戦では77分、89分とMFバクティヤール・ザイヌトディノフが立て続けにゴールを奪い、アウェイの地で勝ち点3を手にした。

この結果、カザフスタンはグループHで3位に。11月には最後の2試合となるサンマリノとのホームゲーム、スロベニアとのアウェイゲームが残っている。2位デンマークと1位スロベニアは勝ち点19で並んでおり、カザフスタンはそれを4ポイント差で追っている状況だ。まだカザフスタンにもチャンスはある。
カザフスタンがサプライズチームとして注目される理由の1つが、FIFAランキング100位という評価だ。同じグループHではスロベニアが59位、デンマークは18位、北アイルランドは74位、フィンランドが54位となっており、いずれも100位のカザフスタンより上だ。サンマリノは最下位の207位となっているが、カザフスタンもEURO予選の中では明らかな格下チームだ。

これまでカザフスタンが記録したEURO予選での最多勝利数は前回大会の3勝だったが、今回の予選は8試合で5勝3敗と大躍進。フィンランド戦の逆転勝利により、希望は繋がった。

油断は禁物だが、来月のサンマリノ戦には勝てる可能性が高い。問題はアウェイでの首位・スロベニア戦で、ここがカザフスタンにとっての大勝負となる。

EUROで優勝候補に挙げられるチームが不在なこともあり、グループHの注目度は高くないだろう。しかしカザフスタンの躍進は密かな盛り上がりを見せており、このグループは最後までもつれそうだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ