ブンデス得点王がプレミアリーグに チェルシーが6年契約でエンクンクの獲得を発表

チェルシーが獲得を発表したエンクンク photo/Getty Images

移籍金は93億円ほどか

チェルシーの公式は20日、ライプツィヒよりFWクリストファー・エンクンクを6年契約で獲得したことを発表した。

昨シーズンブンデスリーガで16ゴールを記録し、リーグ得点王に輝いたフランス代表のストライカーだ。チェルシーへの移籍の噂は昔からあったが、マウリシオ・ポチェッティーノ新体制でやっと実現した。エンクンクは加入が決まり、このようにコメントしている。

「チェルシーに加入できて本当にうれしい。クラブは僕の移籍のためにとても努力してくれた。新しい監督やチームメイトに会うのが楽しみだし、ピッチで自分の力をチェルシーサポーターに見せるのが楽しみだ」
「リーグ・アンとブンデスリーガでプレイしてきたが、今は世界最高のリーグの一つであるプレミアリーグでプレイしたい。私はこの挑戦にとても興奮していて、チェルシーのユニフォームを着られることを誇りに思っている」

移籍金は発表されていないが、英『THE Sun』は移籍金は約5200万ポンド(約93億円)とも言われている。

新体制の下、復活を見せたいチェルシーで、ブンデスリーガ得点王はどのようなプレイを見せるだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ