フォーデンに続けるか 着実なステップアップを見せるパルマーに来季への期待が高まる

来季の活躍に期待の高まるパルマー photo/Getty Images

シーズン終盤で輝きを放ったパルマー

プレミアリーグの優勝が決まってから最終節までの3試合で1勝1敗1分のマンチェスター・シティ。2つのファイナルが残っていることもあり、ターンオーバーや怪我人などを考慮したメンバー選考ではあるが、最終節は負けたこともあり、ファイナルに向けて弾みをつけることはできなかった。

そんななか、この3試合で素晴らしいパフォーマンスを見せたのがMFコール・パルマーだ。U-8よりシティのアカデミー育ちの21歳は、NEXTフォーデンとして将来が期待されている。2020年9月にトップチームデビューを果たしており、昨シーズンはプレミア4試合のみの出場だったが、今シーズンは14試合出場し、確実にステップアップしている。

特にパルマーのここ3試合のパフォーマンスは素晴らしい。1-0で勝利したチェルシー戦ではFWフリアン・アルバレスのゴールをアシストした。この試合でチェルシーのDFアスピリクエタを翻弄したドリブルは観客を沸かせた。ここ3試合は独特なリズムでのドリブル突破や、積極的にシュートを狙いに行く姿勢は昨シーズンより貪欲なプレイだった。英『Manchester Evening News』では最終節での選手評価で「シティで最も危険なアタッカーがまたも力強い活躍を見せ、シーズンを良い形で締めくくった」とリコ・ルイスと共にパルマーが最高評価を獲得した。
ブレントフォード戦の終了間際に、プレミア初得点を記録できるチャンスはあったものの、お預けとなった。同ポジションにはグリーリッシュをはじめとする世界トップクラスの選手がいるが、かつてのフォーデンのようにトップチームで活躍する姿を来季は期待したい。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ