[W杯マッチ59]ケインは2度目のPKを決められず…… ムバッペを封じられても問題なしのフランスがイングランドを撃破

惜しくも2本目のPKを外してしまったケイン photo/Getty Images

チュアメニのスーパーミドルがフランスに先制点をもたらした

MATCH 59 準々決勝
2022年12月10日 22:00キックオフ(アル・バイト・スタジアム)
イングランド 1-2 フランス

FIFAワールドカップ・カタール大会の準々決勝では、ベスト4最後の一枠をかけ、イングランドとフランスの優勝経験国同士が対戦。両チームともに爆発的な攻撃力を誇るチームで、イングランドはここまで前線のタレントたちが満遍なくゴールを奪っている。一方のフランスは今大会すでに5ゴールを決めるなどエース・ムバッペが躍動。イングランドDF陣がムバッペを抑えられるかどうかが注目となる。

両チームともに一進一退の攻防を見せた序盤。4分にはイングランドのフォーデンがこの試合最初のシュートを放ったが、これは相手DFにブロックされてしまう。対するフランスも11分、デンベレの右からのクロスにジルーが飛び込んで合わせたが、シュートはピックフォードの正面に飛んでいる。
その後もじりじりとせめぎ合う展開が続いたが、17分に試合が動く。ムバッペが味方と連携しながら攻め上がると、イングランド陣内でグリーズマンからチュアメニへとボールが渡り、エリア外からミドルシュートを放つ。ベリンガムの股を抜けたボールは曲がりながらゴール左隅へと突き刺さり、フランスが貴重な先取点を奪った。

リードを許してしまったイングランドも負けじと反撃に出る。22分にはエリア内でパスを受けたケインが、トラップせずにそのまま反転。ロリスと1対1の局面を作り出したが、ループ気味のシュートは惜しくもセーブされた。さらに29分、再びケインがフランスゴールに迫る。エリア手前から放ったシュートがディフレクションしながら枠に飛んだが、これもロリスがファインセーブで阻止した。

前半終盤は、しっかりとブロックを敷くフランスに対し、イングランドが攻めあぐねるという構図が続いた。それでもフランスが隙を見て要所で攻撃に出る。39分にはトリッキーなFKからムバッペへとボールが渡ったが、シュートはバーの上へ。試合の緊張感は最後まで緩むことなく、0-1のスコアでハーフタイムを迎えた。

ウォーカーと対峙したムバッペはあまり仕事をさせてもらえなかった photo/Getty Images

フランスはイングランドにリードを許さず

後半の立ち上がりに試合の流れを掴んだのはイングランドだった。47 分、CKの流れからベリンガムが強烈なシュートを放ったが、ここはロリスが好反応を見せ、枠の外へとかき出した。ところが52分、ドリブルでフランス陣内へ切り込んだサカがチュアメニに倒され、イングランドがPKを獲得。ケインが勢いよくゴール左へ蹴り込み、良い時間帯に同点に追いついた。

こうなるとフランスも攻勢に出ざるを得ず、徐々に試合のテンポが上がっていく。しかし、勢いに乗るのはやはりイングランド。70分には右からのFKにマグワイアが頭で合わせたが、ボールは左ポストをかすめ、わずかに外れる。72分にはショーが左サイドを縦に突破。ファーにいたサカがグラウンダーのクロスに反応したが、テオ・エルナンデスがしっかりとサカについていき、自由にシュートを打たせなかった。

今度はフランスのターンがやってくる。77分、ラビオの左からのクロスをデンベレが頭で折り返すと、ジルーが枠内へシュート。ここはピックフォードがビッグセーブを披露し、ピンチを凌いだ。それでもフランスの波状攻撃は止まない。グリーズマンの左からのクロスにジルーが頭で合わせると、今度はピックフォードの手も届かず。78分にフランスが追加点を奪った。

再び同点に追いつきたいイングランドは、サカ、ヘンダーソンに代えてスターリング、マウントを投入。すると80分、後ろからのロングボールに反応したマウントをテオ・エルナンデスがエリア内で押し倒してしまう。一度はそのまま試合が続行されたが、VARが介入し、主審はイングランドにこの試合2度目のPKを指示。キッカーは今回もケインが務めたが、シュートをバーの上へと外してしまい、試合を振り出しに戻すことはできなかった。

それでも諦めないイングランドは、この直後にラッシュフォードをピッチに送り出す。試合終了間際に絶好の位置でFKを獲得すると、ウェールズ戦で直接FKを決めていたラッシュフォードがシュート。しかしボールはわずかにゴール右上へと外れ、1-2のまま試合終了のホイッスルを迎えた。

要注意人物だったムバッペを抑えることには成功し、それなりにチャンスも作り出していたが、勝利を手にすることができなかったイングランド。試合巧者ぶりを見せた前回王者フランスが見事にベスト4進出を決めた。彼らの次の相手はスペイン、ポルトガルを破って勝ち上がってきたモロッコとなるが、大物食いを阻止し、2大会連続の決勝進出を果たすことができるか。

チュアメニの美しいミドルシュートが決まり、フランスは試合を優位に進めた photo/Getty Images

[スコア]
イングランド 1-2 フランス

[得点者]
イングランド
54分 ハリー・ケイン(PK)

フランス
17分 オーレリアン・チュアメニ
78分 オリヴィエ・ジルー

[ポゼッション]
イングランド 49% フランス 34% 中立17%

[シュート数]
イングランド 15 フランス 8

[枠内シュート]
イングランド 7 フランス 5

[イエローカード]
イングランド 1枚
ハリー・マグワイア

フランス 3枚
アントワーヌ・グリーズマン
ウスマン・デンベレ
テオ・エルナンデス

[レッドカード]
なし


[ラインナップ]
イングランド
フォーメーション:[4-3-3]

監督:ガレス・サウスゲイト

GK
ジョーダン・ピックフォード(エヴァートン)

DF
カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)
ルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド)
ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)
ハリー・マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド)

MF
デクラン・ライス(ウェストハム)
ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)
ジュード・ベリンガム(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)

FW
フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)
ハリー・ケイン(トッテナム)
ブカヨ・サカ(アーセナル)

交代出場
79分 ジョーダン・ヘンダーソン→メイソン・マウント(チェルシー)
79分 ブカヨ・サカ→ラヒーム・スターリング(チェルシー)
85分 フィル・フォーデン→マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
90(+8)分 ジョン・ストーンズ→ジャック・グリーリッシュ(マンチェスター・シティ)

フランス
フォーメーション:[4-5-1]

監督:ディディエ・デシャン

GK
ウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド)

DF
ラファエル・ヴァラン(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ジュール・クンデ(バルセロナ/スペイン)
ダヨ・ウパメカノ(バイエルン/ドイツ)
テオ・エルナンデス(ACミラン/イタリア)

MF
オーレリアン・チュアメニ(レアル・マドリード/スペイン)
アドリアン・ラビオ(ユヴェントス/イタリア)
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード/スペイン)
キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
ウスマン・デンベレ(バルセロナ/スペイン)

FW
オリヴィエ・ジルー(ACミラン/イタリア)

交代出場
79分 ウスマン・デンベレ→キングスレイ・コマン(バイエルン/ドイツ)

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ