日本はドイツ、スペインからどうやってボールを奪う? NLで“平均ポゼッション率”No.1&No.2の衝撃

W杯で欧州の強豪に挑む日本 photo/Getty Images

スペインのポゼッション率は70%を超える

日本代表はワールドカップで対戦するドイツ代表、スペイン代表からどうボールを奪うのか。ここは大きな課題となる。

アメリカ代表との親善試合で見せたように前田大然、伊東純也のスピードで激しく追い回すのは1つの手段だろう。ただ、ドイツ&スペインのビルドアップはアメリカと次元が違う。多少スピードのあるアタッカーに寄せられるくらいで彼らが焦ることはない。

スペインは27日にネーションズリーグでポルトガル代表と対戦して1-0で勝利を収めているが、このゲームでスペインのポゼッション率は68%を記録している。シャビやイニエスタがいるわけではないが、やはりボールを支配する点においてスペインは特別な力を持つ。
今年のネーションズリーグ全体では、スペインは6試合で70.8%もの平均ポゼッション率を記録している。これはネーションズリーグ最上位のリーグA全体でもNo.1の数字だ。

そしてNo.2がドイツだ。ドイツはイタリア、イングランド、ハンガリーと同居したリーグAのグループ3で65.7%の平均ポゼッション率を残している。ドイツも中盤のジョシュア・キミッヒやイルカイ・ギュンドアンを軸にボールを支配する術に長けており、彼らが簡単にボールを失うシーンは想像しづらい。

前線からのプレスでボールを奪えないとなれば、自陣に構えて相手の攻撃を跳ね返すしかない。そこから速攻へ繋げられれば理想だが、森保ジャパンはポゼッションの怪物2チームからどう得点を奪っていくのか(データは『WhoScored』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ