同点弾を呼び込んだ森下龍矢のランニング 貴重な得点を奪って浦和と勝負の2連戦へ

森下の活躍に期待だ photo/Getty Images

同点に追いついた森下

名古屋グランパスはルヴァンカップ準々決勝1stレグで浦和レッズと対戦。アウェイゴールを許すものの、1-1のドローで折り返し2ndレグへと望みをつないだ。この試合で同点弾を決めた男が森下龍矢である。

前半に1点を先制された名古屋だったが、同点に追いついたのは58分。左サイドからのクロスボールに最前線まで走りこんでいた森下が詰めてゴールネットを揺らす。今大会での初得点を決めた森下は、これが名古屋加入後初ゴールとなった。

この試合は前半から浦和にボールを保持される展開だったが、森下は前線から積極的にプレッシングをかけていた。その守備で魅せたランニングは、攻撃でも生きており、逆サイドで崩した状況の中、最後まで走り切ってゴールを生み出したのだ。

明日は浦和とのリーグ戦が控えており、水曜日には敵地での2ndレグが待っている。浦和との3連戦が続くが、森下の走り切る力は名古屋の大きな武器となるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ