ミュラーの“0トップ”もあり レヴァンドフスキの穴埋めへバイエルンに広がる攻撃の選択肢

ミュラーは貴重なベテランアタッカーだ photo/Getty Images

何でもこなせるミュラーは攻撃に選択肢を与える

FWロベルト・レヴァンドフスキが退団し、バイエルンは前線をどう構成していくのか。ここは指揮官ユリアン・ナーゲルスマンも頭を使うはずで、今夏に加えたサディオ・マネの活かし方を含め答えを探していく前半戦となるだろう。

ナーゲルスマンは複数のシステムを使い分ける指揮官でもあり、新シーズンのバイエルンでも4バックと3バックを使い分けるのではないかと見られている。

例えば『3-4-1-2』だ。新たに加えたマタイス・デ・リフトを3バックの中央に配し、両脇にはダヨ・ウパメカノとリュカ・エルナンデス、ダブルボランチはジョシュア・キミッヒと復帰が待たれるレオン・ゴレツカ、あるいは新戦力のライアン・グラフェンベルフかマルセル・ザビツァーだ。

ウイングバックは右に新戦力のノゼア・マズラウィ、左にアルフォンソ・デイビス、トップ下にトーマス・ミュラー、2トップにマネとセルジュ・ニャブリを配置する。レヴァンドフスキが抜け、2トップにトライするのも1つの手だろう。

独『Sport1』によると、センターバックと左サイドバックの両方をこなせるエルナンデスはシステム変更に問題はまったくないと口にする。

「4バックも3バックも両方好きだよ。重要なのは試合中にシステムを変えていけることだ。3バックか4バックか僕には問題じゃない。シチュエーションによって変わるものだからね。僕たちには強力なDFたちがいる。重要なのはチームとして機能することで、クリーンシートを増やしていくつもりだ。攻守両面でトッププレイヤーが揃っていると思うし、言い訳はしない。僕たちはすべてのタイトルが欲しいのさ」

ナーゲルスマンの下では試合ごとにシステムが変わることもあるはずで、レヴァンドフスキの穴埋め役も試合ごとに変わっていくかもしれない。このあたりも新シーズンの注目ポイントだろう。

独『Bavarian Football Works』もアイディアの1つとして、『4-2-3-1』の最前線にミュラーを配置する案を提示している。つまりはミュラーの0トップシステムだ。

4バックはセンターバックにデ・リフトとエルナンデス、サイドバックは変わらずマズラウィとデイビス。ボランチも変わらず、2列目は右にニャブリ、左にマネ、トップ下に若いジャマール・ムシアラ、そして0トップとしてミュラーを最前線に配置する。

2列目の3人はミュラーを追い越してペナルティエリアで決定的な働きをこなす力も持ち、ミュラーもクロスに合わせるなどストライカーとしての仕事をこなせる。レヴァンドフスキの穴埋め役として、最前線もトップ下もこなせるベテランで器用なミュラーは重要な存在となるだろう。

果たして最適解はいつ見つかるのか。30日に行われたライプツィヒ戦には5-3で勝利を収めたが、まだまだ複数パターンを試していくだろう。レヴァンドフスキの穴埋めは難しいミッションだが、同時に新しいアイディアを見つける楽しみもある。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ