ポグバ不在なら王者フランス代表は“創造性”失う大ピンチ 中盤で同じ役割こなせる者はいない

前回大会制覇に貢献しているポグバ photo/Getty Images

W杯連覇へ黄信号

今年のカタール大会でワールドカップ連覇を狙うフランス代表に嫌な話題が聞こえてきた。今夏ユヴェントスに復帰したMFポール・ポグバが右ひざ半月板を負傷し、ワールドカップに間に合わない可能性があるという。

マンチェスター・ユナイテッドでのパフォーマンスは波があると指摘されてきたが、フランス代表のポグバは別だ。4年前のロシア大会制覇にも大きく貢献しており、中盤に創造性を加える特別な選手である。そのポグバを失うとなれば、フランス代表にとって痛手になるのは間違いない。

現在の代表にはエンゴロ・カンテ、オーレリアン・チュアメニ、アドリエン・ラビオ、マッテオ・グエンドウジなど他にも優秀なMFが揃っているが、ポグバほど攻撃にアイディアを加えられるMFは見当たらない。やはり好調時のポグバが見せるアイディアとテクニックは特別だ。
特に前回優勝メンバーであるカンテとのコンビは特別で、カタール大会でもカンテ&ポグバは重要な存在になると考えられてきた。最近はカンテも負傷が目立つようになっているが、前回王者フランス代表では誰が中盤の軸となっていくのか。

もちろんポグバを獲得したユヴェントスにとっても痛手だ。一緒に獲得したアンヘル・ディ・マリアとともにチャンスメイクで力を発揮してもらうつもりだったはずだが、そのプランが開幕から消えることになる。

ポグバも今回のイタリア復帰に関してモチベーションを高めていたはずで、いきなりの離脱は残念だ。前半戦のうちに復帰してワールドカップへ繋げられるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ