札幌から日本代表へと羽ばたきたい“和製ハーランド” パワーとスピードを持ち合わせた将来のエース候補

ルヴァンカップでは5試合4ゴールを記録 photo/Getty Images

中島の活躍に期待が高まる

U-21日本代表は現在U-23アジアカップに挑んでおり、グループステージを2位で突破。決勝トーナメント準々決勝では韓国代表と対戦する。注目はタジキスタン戦で1ゴールを挙げた中島大嘉だ。

2-0で迎えた58分に途中出場した中島は、終了間際に相手守備陣の裏を抜け出し、見事なシュートを決め切ってチームの3点目をゲット。その前にもゴールネットを揺らすもVARで得点を取り消されてしまった中島だが、自身のポテンシャルを十分に発揮して今大会初ゴールを記録した。

国見高校から昨季北海道コンサドーレ札幌へ加入した中島。天皇杯2回戦のソニー仙台戦ではハットトリックを達成するなど、1年目から大器の予感をさせる活躍を見せた。すると今季は第5節のセレッソ大阪戦でJ1初ゴールを決めるなど、10試合1得点と経験を積む。u-21日本代表にも追加招集となり、得点源として期待を寄せられる。

188cmという長身を生かしたパワーだけでなく、タジキスタン戦で見せたような相手の裏へ一瞬で飛び出すスピードも持ち合わせている。しなやかさやゴール前での技術力など、マンチェスター・シティへ移籍したアーリング・ハーランドを思わせるストライカーだ。強さと速さを武器とし、Jの舞台を飛び越えアジアでも存在感を発揮。20歳の新星は今季ブレイクを遂げるシーズンとなるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ