アルビレックス新潟離れて4年  《23戦13ゴール》とリベルタドーレスで暴れるFWがいた

パルメイラスのホニ photo/Getty Images

なぜかリベルタドーレスで大爆発

南米の頂点を決めるコパ・リベルタドーレスは現在グループステージを第3節まで消化しているのだが、今年もリベルタドーレスの舞台で不思議な活躍を続ける者がいる。

2017年から約1年間アルビレックス新潟でプレイし、2020年よりパルメイラスでプレイしているFWホニことホニエルソン・ダ・シウバ(26)である。

ホニは先日のエメレク戦で得点を記録したのだが、なぜかリベルタドーレスに滅法強いとして話題になっているのだ。南米最高峰の舞台であるリベルタドーレスで活躍するのは簡単なことではないが、何とホニはパルメイラスに移籍してからリベルタドーレスにて通算23試合で13ゴール10アシストと大暴れ。

この13ゴールという数字は、パルメイラスの選手としてはリベルタドーレスでの歴代最多得点記録になるという。

ホニの不思議なところは、ブラジル国内リーグでは昨年が4得点、一昨年は5得点しか奪えていないところにあり、FWとしては物足りない数字だ。それだけにリベルタドーレスでの爆発は面白く、今季もすでに2ゴールを奪っている。

パルメイラスといえば2020、2021とリベルタドーレスを連覇しており、今年のクラブワールドカップではチェルシーとファイナルで激闘を演じた名門だ。ホニもチェルシー戦に先発していたが、もちろん今年も狙うはリベルタドーレス制覇だ。

ここまでグループステージは3連勝と快調な滑り出しだが、ホニの勢いは今年も続くのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ