今季初得点のレアンドロ・ペレイラ G大阪で自身のゴールセンスは爆発するか

今季はG大阪で存在感を示せるか(写真は昨季) photo/Getty Images

磐田戦で同点ゴールの活躍

ガンバ大阪はJ1第4節でジュビロ磐田と対戦。前半に失点を許すものの、終盤に追いつき1-1のドローで決着した。ゴールを決めたのは、今季初得点となったレアンドロ・ペレイラだ。

レアンドロ・ペレイラが1点ビハインドの72分に途中投入されると、[3-6-1]のシステムからパトリックとの2トップに変更。戦い方を後方からロングボールを供給し、前線のFWに合わせてゴールを狙いに行く形に変える。すると88分、三浦弦太のクロスにレアンドロ・ペレイラがヘディングで合わせてゴールネットを揺らした。

今季のレアンドロ・ペレイラは片野坂知宏新体制のチームで、結果を残すことができなかった。ここまで良いパフォーマンスを見せられなかった同選手だが、第4節で今季初ゴールを決めることができ、今後の得点量産にも大きな期待が持てるだろう。

2019年にJリーグへとやってきたレアンドロ・ペレイラは、翌年にはサンフレッチェ広島でシーズン15ゴールを決める活躍を見せる。昨季から加入したG大阪では、まだ自身の得点能力を発揮できていない印象だ。しかし広島で二桁得点を決められる力を証明しており、爆発力を秘めている。G大阪が強い時代には、必ずチームを代表する外国人ストライカーが存在した。レアンドロ・ペレイラも、そんなクラブの歴史を彩る助っ人の1人となれるのか。今後の活躍にも注目だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ