“冨安健洋右SB待望論”がさらに高まる結果に 控えCBでもサウジを完封する高すぎる日本の守備レベル

板倉、谷口の台頭もあり、アーセナルの冨安を代表で見られることに photo/Getty Images

中国、サウジアラビア戦でクリーンシートを達成している

冨安健洋や三笘薫など日本代表に招集されると予想されていたメンバーが負傷し、満足にメンバーを招集することができなかったサムライブルー。特にセンターバックは前述した冨安とキャプテン吉田麻也がメンバー外となってしまい、大きな不安要素が日本代表に襲いかかっていた。

だが、中国戦は2-0で快勝を収め、続くグループBサウジアラビアとの試合でも2-0と白星を挙げた。冨安、吉田不在の中でクリーンシートを達成したのだ。

そんな大一番で代役を任され、完璧なパフォーマンスを披露したのが板倉滉と谷口彰悟の2人だ。ここまでの最終予選では全くといっていいほど出番のなかったコンビだが、中国戦、サウジアラビア戦でフル出場し、勝利に貢献している。

特に板倉はパス成功率が90%と高く、ロングボールを6本中4本成功させている。デュエルでも空中戦は全勝であり、今後は安心して板倉をCBの戦力として考えられる。

そうなれば、冨安健洋や伊藤洋輝のサイドバック起用が期待されることになる。サウジアラビア戦では酒井宏樹のハイパフォーマンスが目立ったが、中国戦ではミスが散見されており、安定しているとは言い難い。さらに前線での積極的な攻撃は得意な酒井だが、自陣でのビルドアップはまだまだ改善点は多い。冨安であればここでのゲームメイクをアーセナルで任されており、高いレベルでこなすことができる。

伊藤も今後呼ばれることになれば、センターバックもしくはサイドバックでの起用となるだろう。シュツットガルトでは3バックの左で起用されており、攻撃参加することも多い。今の代表では長友佑都と中山雄太の2人が左SBとして計算されているが、どちらも突出した存在ではなく、伊藤のパフォーマンス次第では一気に牙城を崩すことができるかもしれない。

守備の要であるCBの安定により、選手起用の幅が増えている日本代表。特に冨安の右SBは見てみたい起用の一つであり、3月のオーストラリア戦、ベトナム戦のどちらかで披露されることを期待したい(データは『SofaScore』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ