ユヴェントスの“9番問題”はいつになれば解決する 最悪の場合は補強なしの可能性も

前線でタメを作ることができないモラタ photo/Getty Images

モラタとキーンの2人では厳しい

ユヴェントスの得点力不足が深刻だ。2021-22シーズン、第23節終了時点でチーム得点数がまだリーグ11位の「34」しかない同クラブ。攻撃の形はいまだ明確に見えてこず、2シーズン前までイタリアの絶対王者として君臨していたビアンコネリは苦しんでいる。

はたして、ユヴェントスはなぜこのような事態に陥ってしまったのか。いくつか理由は考えられるものの、やはり最大の要因となっているのはかねてより各方面から指摘されている“9番問題”だろう。

各所にクオリティの高い選手は揃っているものの、今季のユヴェントスは前線でタメが作れない。ここまで主にセンターフォワードを務めているのはアルバロ・モラタとモイーズ・キーンの2名だが、彼らは本来いずれもポストプレイに秀でた相方を組むことでその能力を発揮するタイプの選手。味方のボールを収めてリズムを作るタスクは得意としておらず、かねてよりビアンコネリの攻撃はそこで手詰まりが生じている印象が否めない。
ユヴェントスも自軍のCFが弱点ということは重々承知していることだろう。しかし、それでも補強の話に進展はあまり見られない。伊『calciomercato』によると、フィオレンティーナのドゥシャン・ヴラホビッチなどには継続してアプローチしているようだが、あまり感触はよくないようだ。最悪の場合はCFの補強なしでシーズン後半戦に臨む可能性もあると同メディアは伝えている。

うまくいっていない部分はハッキリしているのだが、それを改善するために打つべき手を打てない状況が続いているユヴェントス。はたして、ビアンコネリを悩ませる“9番問題”はいつになれば解決へと向かうのか。得点力不足解消に向けて、最前線の補強は必須のはずだが……。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ