シャビエルにブラジル復帰の可能性 名古屋を退団もJクラブ移籍はなしか

名古屋で活躍したシャビエル photo/Getty Images

今季限りで名古屋との契約を満了

今季限りで名古屋グランパスを退団することが決定したガブリエル・シャビエルはブラジルに復帰するかもしれない。ブラジルメディア『Torcedores.com』が伝えている。

同紙によるとクラブ名こそ明らかになっていないものの、ミナスジェライス州のクラブがシャビエルの獲得に関心を示しているようだ。同州のクラブではブラジレイロ・セリエAのアトレチコ・ミネイロやアメリカ・ミネイロ、クルゼイロといったクラブが代表格として挙げられるが、どこが関心を示しているのだろうか。

シャビエルはサンパウロのアカデミー出身で、ポルトゥゲーザでプロキャリアをスタートさせる。2017年に名古屋グランパスへ加入すると、卓越したボールテクニックとドリブルの技術で途中加入ながらJ2で16試合7得点を記録。翌年から10番を背負い活躍するも、今季は先発わずか10試合と出場機会が激減し、今シーズン限りでの退団が発表されていた。

今季で日本5年目を迎えるシャビエルは出場機会こそ減ったものの、いざ出場すれば高い技術で違いを見せるプレイを披露していた。現在は28歳とまだまだ戦力として十分に活躍できる年齢であり、日本の国内クラブも欲しい選手であることは間違いないだろう。そんな中でブラジル国内のクラブがすでに接触を図っているとすれば、日本への残留は厳しいかもしれない。

またシャビエルは2015年にクルゼイロに所属していたものの、主力として輝くことはできなかった。ミナスジェライス州のクラブである古巣が再び獲得に動いた可能性もあるだろう。シャビエルの今後に注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.265 CL激闘必至の3番勝負

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ