アーセナルで最も愛された選手のひとり 語り継ぎたい超絶テクニシャンの記憶

かつてアーセナルの中盤で抜群の存在感を見せていたカソルラ photo/Getty Images

ジルーも絶賛する男とは

過去にアーセナルで最も愛された選手といえば誰か。数々の名手がプレイしてきたクラブだけに、そう称えるに相応しい選手は数多くいる。きっと、答える人によって挙がる名前はさまざまだろう。

だが、そのなかでも2010年代前半に魔法のようなボールタッチで中盤を支配したテクニシャンに思い入れのあるファンは多いかもしれない。そのテクニシャンとは、元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(現アル・サッド)だ。

2012年夏の移籍市場でアーセナルに加入し、そこから2017-18シーズンまで同クラブに在籍したカソルラ。左右両足で高い精度のパスを供給し、幾度となくチャンスを創出した男に魅了された人は多いだろう。2016年10月に負った大怪我の影響で最後の2シーズンはほぼプレイすることができなかったものの、その洗練された技は今なお色褪せることなくファンの記憶に刻まれ続けているはずだ。加入初年度の2012-13シーズンにはチームの年間最優秀選手にも選ばれており、多くの人の記憶に残るプレイヤーだったことは間違いない。

「アーセナルで一緒にプレイしたなかで、最高だと思ったのは間違いなくカソルラだよ。左右両足で高いクオリティのパスを出すことができるし、動きも機敏だ。小さいステップであらゆる選択肢を考慮しながらプレイしているのは非常に印象的だったね。元からクオリティが高いことは知っていたけれど、実際にプレイしてみると想像以上にやりやすかった。彼とプレイしたことで、僕はとても幸せな気持ちになったね」(英『Daily Mirror』より)

そんなカソルラに関しては、かつてアーセナルに所属していたフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(現ACミラン)もこのようなコメントを残している。クラブ史上最多得点記録を持つ元フランス代表FWティエリ・アンリといったレジェンドも捨てがたい。しかし、そのアンリにも引けを取らぬほど、2010年代前半におけるガナーズの中盤を支配したテクニシャンは愛された選手と言っていい。サンティ・カソルラという男の名は、この先もずっとアーセナルファンの間で語り継がれることだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ