今夏加入で守備の要となるショルツ 期待膨らむポゼッション時の攻撃性

浦和デビュー時にはSBでもプレイ photo/Getty Images

1-1のドローで終えた浦和

今季浦和レッズへと加入したアレクサンダー・ショルツ。すでにチームでは欠かせない存在となっている男は、ポゼッション時にも特長を見せている。

ショルツは1-1と引き分けたガンバ大阪戦にもスタメンで出場する。守備では強さとスピードでパトリックに引けを取らず、PKで1失点を喫するも最後まで守り抜いた。

また冷静な判断と高い足元の技術でチームのポゼッションに参加。またその中でショルツは、積極的にボールを持ち出してパスコースを作っており、チャンスと見れば前線に上がってゴールを狙いにいく攻撃性も彼の持ち味の1つだ。

昨季はデンマークで7ゴールを決めたショルツ。そのうち5得点はPKで記録した点ではあるものの、CBながら高い攻撃性がここまでの結果を残しているのだろう。日本ではいまだ無得点のショルツだが、彼の積極性なら近いうちにゴールネットを揺らす姿が観られるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ