南野をそろそろプレミアで試すべき マタ、ストーンズら出番なき実力者たち

ノリッジ戦では2点を挙げた南野 photo/Getty Images

プレミアリーグでも戦う力はあるはず

そろそろプレミアリーグのゲームでも出番を与えてもいいのではないか。リヴァプールFW南野拓実の出番を待ち望んでいるサポーターは多いはずだ。

リヴァプールの前線にはモハメド・サラー、サディオ・マネら優秀な選手が揃っており、インサイドハーフの位置にも若いカーティス・ジョーンズなどライバルは多い。

とはいえ、南野は先日行われたリーグ杯のノリッジ・シティ戦にて2得点を挙げる活躍を披露している。下位クラブが相手ではあるものの、良いアピールとなったのは間違いない。リーグ戦の方でもチャンスを与えていいはずだ。

しかし、南野は今節のブレントフォード戦でもベンチに座ったままだった。毎試合のように出場の期待がかかるのだが、指揮官ユルゲン・クロップから声がかからない。

英『Planet Football』は「今季まだプレミアリーグで出場機会を得ていない実力者たち」と題したイレブンを組んでいるのだが、右のウイングで南野の名前も挙げられている。それだけ実力が認められているということだ。

他にはマンチェスター・シティDFジョン・ストーンズ、マンチェスター・ユナイテッドDFエリック・バイリー、チェルシーDFベン・チルウェル、マンチェスター・ユナイテッドMFファン・マタらの名前が挙げられており、彼らもまだ出番を得ていない。

いずれもビッグクラブに所属する選手たちだが、彼らの実力は言わずもがな。南野の実力も評価されており、クロップにはどこかのタイミングでチャンスを与えてほしいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ