FWで大仕事をやってのけた浦和のルーキー 大久保智明がプロ初得点で勝利に貢献

プロ初ゴールを決め祝福される大久保 photo/Getty Images

今季中央大から加入した大久保

浦和レッズはJ1第28節で横浜FCと対戦。2-0で勝利し、公式戦8試合負けなしとなった。この試合でプロ初ゴールを決めた大久保智明が新たなポジションに挑戦している。

1-0で迎えた88分、横浜FCの猛攻を防ぐと、カウンターから途中出場の大久保智明が、キャスパー・ユンカーへ絶妙なスルーパスを送る。ユンカーのシュートはGKに弾かれるも、こぼれ球を拾った大久保が冷静に流し込み、試合を決定づける2点目を決めた。

左右のサイドハーフを務めることができる大久保。浦和では左サイドハーフでの出場が多い大久保だが、この試合では江坂任に代わって投入され、1.5列目の位置でFWとして出場。ユンカーとのコンビでさらなる攻撃力アップが期待された。

攻撃だけでなく守備面やFWのサポートなど多くのタスクを担うポジションは簡単な仕事ではない。現に大久保も出場した12分間を通して終始目立ったプレイを見せたかと言われれば、そうではないだろう。しかし随所で持ち味を見せ、決定的な場面で大仕事をやってのけた。

大久保はキックの精度も高く、ルーキーながらセットプレイのキッカーも任されるレフティーだ。そんな中央大学からやってきたドリブラーが、今後もサイドではなく中央でさらに輝きを増すかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ