古橋のセルティック移籍は正解なのか “過渡期”の名門は大苦戦する危険性も

セルティックへ向かった古橋 photo/Getty Images

改革は容易に進まない

「セルティックは大規模な過渡期にある」

こう口にしたのは、スコットランドの名門セルティックのOBであるジョン・ハートソン氏だ。

セルティックといえば今夏にヴィッセル神戸からFWが古橋亨梧が加わっており、新指揮官には横浜F・マリノスを指揮していたアンジェ・ポステコグルーを招聘したことで日本からも注目を集めているクラブだ。

しかし、シーズンの船出はほろ苦いものとなっている。プレシーズンではウェストハムに2-6のスコアで敗れ、先日行われたチャンピオンズリーグ2次予選ではデンマークのミッティランに2戦合計2-3で敗北。

さらにはリーグ開幕戦となったハーツ戦も1-2で落としている。今季はスティーブン・ジェラード率いるレンジャーズから王座を奪い返す重要な目標があるのだが、いきなり躓いてしまった。

ポステコグルーもまだチームの形を見つけられていないのだろう。今夏には守備の要だったノルウェー代表のクリストフェル・アイェルがプレミアリーグに昇格したブレントフォードに移籍しており、この穴は大きい。

攻撃面では昨季チーム2番目に多いリーグ戦8得点を決めたFWモハメド・エルユヌシが所属元のサウサンプトンに復帰。前線にオドソンヌ・エドゥアールは構えているが、さすがにエドゥアール1人では不十分だろう。

新戦力の古橋にも期待がかかるが、初の海外挑戦となる古橋がどこまでフィットするかも未知数だ。ポステコグルーはかなり難しいミッションを任されたと言っていい。

過渡期にあるセルティックで古橋はどんな1年を過ごすのか。視界には来年のワールドカップ・カタール大会での代表入りがあるはずだが、再建途中のセルティックで結果を出すのは容易ではない。開幕戦のハーツ戦を落とし、早くもセルティックには不穏な空気が漂い始めている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ