アストン・ヴィラが昇格組から2名の主力を引き抜き? グリーリッシュ移籍で起こる他クラブへの影響

アストン・ヴィラへのステップアップが囁かれているキャントウェル photo/Getty Images

積極補強のアストン・ヴィラ

エミリアーノ・ブエンディア、アシュリー・ヤングを加え、更にレヴァークーゼンからレオン・ベイリーを招き入れたアストン・ヴィラ。積極補強を行っている21-22シーズンのダークホース候補だが、エースの去就が怪しくなっている。

英『Sky Sports』によればマンチェスター・シティがアストン・ヴィラの要求額である約150億円を提示し、ジャック・グリーリッシュの獲得を目指していると報じている。合意も近いと言われており、アストン・ヴィラは彼の後釜を探す必要が出てくる。

そこで英『talk SPORT』によればアストン・ヴィラはグリーリッシュの後釜を昇格組であるノリッジのMFトッド・キャントウェルにターゲットを定めたと報じている。

23歳となったキャントウェルだが、既にビッグクラブから関心を寄せられている逸材で、今夏であればリヴァプールやレスターが獲得候補に挙げていた。

キャントウェルは左サイドハーフを主戦場とする選手で、ボールをもった際のチャンスメイクで強みを発揮できる選手だ。昨シーズンは実質2部であるチャンピオンシップで6ゴール6アシストを記録しており、数字としては少し物足りない選手だが、プレイスタイルはグリーリッシュの後釜としては最適か。

しかし、ノリッジとしてはブエンディアをアストン・ヴィラに放出し、中盤の要であったオリヴァー・スキップはレンタル元であったトッテナムに戻っており、既に昇格した際の主力を2名失っているのだ。そこで攻撃の中心であるキャントウェルまで失えば、プレミアで戦うことは難しくなってしまう。

グリーリッシュの動き次第ではあるが、今後が難しくなりそうなアストン・ヴィラとノリッジ。21-22シーズンでは期待できるクラブなだけに十分に戦力を揃えてもらいたい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ