フォーデン、マウントと差がついた ジェラードらと比較されたMFは忘れられたのか

アストン・ヴィラにレンタル移籍していたバークリー photo/Getty Images

2022年のW杯へ巻き返してほしい

レンタル先のアストン・ヴィラで結果を出し、EURO2020を戦うイングランド代表メンバーへ。

昨夏にチェルシーからアストン・ヴィラにレンタル移籍したMFロス・バークリーにはそんな思惑があったかもしれない。

しかし、代表監督ガレス・サウスゲイトが発表したメンバーの中にバークリーの名前はなかった。

仕方がないだろう。イングランドではマンチェスター・シティMFフィル・フォーデンが覚醒し、チェルシーMFメイソン・マウントも急成長した。かつてはフランク・ランパードやスティーブン・ジェラードと比較されていたが、27歳を迎えたバークリーはすっかり忘れられてしまったのだ。

そのバークリーの方はといえば、アストン・ヴィラでは今季リーグ戦24試合で3得点1アシストの成績に留まった。しかも5月にはホテルのバーで泥酔してしまっていたと報じられるなど、ピッチ内外で良い話題がない。

米『ESPN』で解説を務めるイアン・ダーク氏にいたっては、今季のプレミアリーグ・ワーストイレブンにバークリーの名前を含めている。アストン・ヴィラで大逆転のはずが、評価は良くないものとなってしまった。

同氏のワーストイレブンには他にもマンチェスター・ユナイテッドMFドニー・ファン・デ・ベーク、アーセナルFWウィリアン、ピエール・エメリク・オバメヤンらの名前が入っているが、マンUで全く出番のなかったファン・デ・ベークとバークリーが中盤で同列に語られているのは少々寂しいものがある。

来年にはカタールで行われるワールドカップが控えているが、バークリーが代表へ戻る時はくるのか。まずはクラブでの戦いからアピールしていくしかない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ