仏には未来の守護神もいる ロリスの後継者候補となる“2人”の実力者

リーズで経験を得るメリエ photo/Getty Images

フランスの未来は明るい

EURO2020でも優勝候補に挙げられているフランス代表は世界的なタレント軍団として有名だが、頼もしいのはGKにも逸材が出てきていることだ。

今回のEUROでは2018年のワールドカップ・ロシア大会制覇に貢献したベテランのウーゴ・ロリス、同じくベテランのスティーブ・マンダンダが招集されているが、彼らの後継者候補である25歳のマイク・メニャンも非常に興味深い選手だ。

メニャンは今季リールの守護神としてチームのリーグ・アン制覇に貢献しており、38試合に出場して21回もクリーンシートを達成している。今夏にはミランへの移籍も決まり、順調にステップアップを果たしている。ロリスやマンダンダが代表を去れば、メニャンもフランス代表の守護神候補となるだろう。

リールで優勝を経験したメニャン photo/Getty Images

全ポジションで若手育成進む

さらにメニャンの下の世代にも優秀なGKがいる。今季リーズ・ユナイテッドで35試合に出場し、11回のクリーンシートを達成した21歳のGKイラン・メリエだ。

リーズでは今季140本のセーブを記録しており、セービング率も72.6%と安定していた。今夏にはU-21フランス代表の守護神としてU-21欧州選手権にも参加しており、メリエもA代表の次期守護神候補に数えていいだろう。

FW、MF、DFはもちろん、GKにも優秀なタレントが出てきているところにフランスの恐ろしさがある。FWキリアン・ムバッペやMFエドゥアール・カマヴィンガら将来性豊かなフィールドプレイヤーたちと合わせ、フランスがサッカー界をリードしていく流れは暫く続きそうだ(数字は『Squawka』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ