正守護神の座を失ったデ・ヘアは移籍確定? マンUのGKを狙うビッグクラブとは

プレミアでの出場時間が限られているデ・ヘア photo/Getty Images

現在マンUでサブに回るデ・ヘア

今オフの移籍市場で注目を浴びるのが、マンチェスター・ユナイテッドのダビド・デ・ヘアだ。クラブでは絶対的なポジションを確立していたデ・ヘアだが、現在はディーン・ヘンダーソンのサブに回ることが多くなっている。

今季前半戦こそ安定したパフォーマンスを発揮し、チームの正守護神としてゴールマウスを守っていたデ・ヘア。しかし、一時チームを離れたタイミングで、ヘンダーソンがメンバーに抜擢されると好守を披露し、スタメンの座を奪う。デ・ヘアはUEFAヨーロッパリーグこそスタメン出場するものの、プレミアでは直近6試合で1試合しか出場していない。

シェフィールド・ユナイテッドで2年間正守護神として活躍し、チームへと復帰した24歳のヘンダーソンとの正守護神争いは、開幕前から注目されていた。それがここにきて形勢逆転されてしまった格好だ。現在30歳となったデ・ヘアだが、まだまだGKとしての能力は高く、サブにまわる状況が続くのであれば、移籍も検討するだろう。クラブ側も世代交代を考える上で、ヘンダーソンがスタメンとなったこのタイミングであれば、デ・ヘアの売却を検討するかもしれない。

獲得候補筆頭として挙げられるのがローマだ。ジョゼ・モウリーニョ監督の就任が決まっているローマが、デ・ヘアの獲得へ動くのではないかと考えられる。さらにスペインメディア『SPORT』では、出場機会を失うデ・ヘアに対し、パリ・サンジェルマンも関心を示していると報じている。PSGもビッグイヤー獲得に向けて実績十分なデ・ヘアを確保したいという思惑があるようだ。

まさかの状況となったデ・ヘアだが、来季はどのクラブでゴールマウスを守っているのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ