ダービーマッチでデビューのチアゴ 長身とフィジカルを武器にチームをけん引できるか

チアゴはホームでデビュー戦となった(写真は柏戦) photo/Getty Images

今季初出場となったチアゴ

セレッソ大阪とガンバ大阪の"大阪ダービー"となった一戦は1-1のドローで決着した。この試合がC大阪でのデビュー戦の新外国人チアゴは高い順応力を見せてチームにフィット。G大阪の猛攻を1点にしのいだ。

チアゴは今季からブラジルのセアラ―SCから加入。14日間の隔離期間を経て、G大阪とのダービーマッチで初スタメンとなった。この日同じくチーム初スタメンとなったダンクレーとともに強固な最終ラインを形成。191cmの長身を武器にクロスボールを簡単に跳ね返した。

また攻撃時にも持ち前の長身を活かしてアピール。16分には清武弘嗣のミドルシュートがGKに弾かれると、セカンドボールをC大阪が拾うとクロスにヘディングで合わせてゴールを狙う。しかしボールは東口順昭にキャッチされてしまった。

瀬古歩夢や新加入の鳥海晃司が負傷離脱中のCB陣で頼れる男がデビューを果たした。チアゴは他のCB陣に比べて身長の高さやフィジカル面での強さで勝っている。ダンクレーや負傷中のメンバーが揃えば強固なCB陣が形成されるだろう。その中心に立っているのは、チアゴかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ