大当たりの助っ人外国人エウベル 高すぎる攻撃性能は何者にも屈しない

サイドから攻撃を活性化させているエウベル photo/Getty Images

2アシストで勝利に貢献

2019年以来のリーグ優勝を狙う横浜F・マリノス。しかし、昨季チームの主力として活躍したジュニオール・サントスやエリキといった攻撃で違いを作れる選手がチームを去ってしまう。その影響から前線の迫力が失われるのではと囁かれていたが、新加入のエウベルが圧巻のパフォーマンスを披露しており、1日に行われたFC東京戦では3得点快勝となった。

ブラジルで長い間キャリアを築いたエウベルは今季が初の海外挑戦となっており、環境面での不安も考えられたが、今の活躍を見れば余計な心配であったことが分かる。

右ウイングで先発となったエウベルは前半8分にいきなり大仕事をやってのける。高い位置を取った松原健とのワンツーから抜け出したエウベルは、カバーにきたジョアン・オマリをものともせず右サイドを突破し中央にクロスを供給。ゴール前のオナイウ阿道が合わせて先制点をゲット。

そこからのエウベルは止まらない。ボールを持てばクロスやドリブル、味方との連携での突破といくつもの選択肢で好機を創出し続ける。2点目も先制点と同じような形からオナイウの得点をおぜん立て。

守備でも前からの早いプレスやボールロスト後の素早い切り替えからの守備と非常の賢い選手であることが分かる。また、終盤でも切り替えの早い守備は続けており、タフネスさも兼ね備えている。

無理に欠点を挙げるのであればゴール前での決定力不足か。3点目のシーンもエウベルのシュートのこぼれ球にオナイウが詰めてハットトリックを記録している。その後もゴール前で絶好機を外しており、決定力不足は今後の改善点となるだろう。

それでもエウベルは前線で脅威になり続けており、今後のマリノスを支える一人と言える。首位の川崎とは9ポイント差と離れてはいるが、折れずに勝利を掴み続けて欲しい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ