“走れるFW”南野拓実はセインツで主力になれるか 求められる運動量

リヴァプールではポジション掴めなかった南野 photo/Getty Images

2トップの一角で大暴れを

リヴァプールからサウサンプトンにレンタル移籍することになった日本代表FW南野拓実は、新天地で結果を残せるだろうか。

リヴァプールでポジションを掴むことには失敗したが、レンタル先がサウサンプトンなのは悪くない。ザルツブルクからリヴァプールへ移籍する際もユルゲン・クロップのスタイルに合うはずと期待されたが、サウサンプトンを指揮するラルフ・ハーゼンヒュットルのスタイルも南野に合っていると考えられるからだ。

ライプツィヒを指揮していた経験を持つハーゼンヒュットルは、サウサンプトンでも攻守の切り替えを重要視している。今季のプレミアリーグではNo.1となる1試合平均19.4回のタックルを仕掛けており、前線の選手にも守備面でのハードワークが求められる。これは南野がザルツブルクで叩き込まれてきた部分でもあり、リヴァプール移籍後も運動量は高い評価を得ていた。

南野にとって理想的な起用法は[4-4-2]の2トップに入り、エースのダニー・イングスの相棒を務めることだろう。現在のサウサンプトンではチェ・アダムスがその役割を務める機会が多いが、アダムスもリーグ戦では8試合続けて得点がない。南野にもチャンスはあるだろう。

ベテランのテオ・ウォルコットも2トップに入れるアタッカーだが、こちらも今季はリーグ戦で2得点とやや低調だ。南野がイングスの周りを自由に動く形で攻撃の中心となることは十分に可能だろう。

リヴァプールでは攻撃陣のバックアッパーといった立ち位置だったが、サウサンプトンでは攻撃のキーマンとしての働きが期待される。主力としてどのような働きができるのか。南野は森保ジャパンでも得点源となっているだけに、サウサンプトンでも分かりやすい結果を求めたいところだ(数字は『WhoScored.com』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ