ファン・ダイク不在なのに“1試合平均0.55点”まで失点減少 王者が見せる底力

負傷者出しながら白星重ねるリヴァプール photo/Getty Images

むしろ守備の成績は良くなっている

今季リヴァプールでは負傷者が続出しているが、中でも大きな痛手と考えられたのがDFフィルジル・ファン・ダイクの長期離脱だ。守備の要を失うことになり、リヴァプールの守備が崩壊するのではと不安に思ったサポーターも多いはず。

ところが、ここまでリヴァプールは崩壊するどころか逆に失点が減っている。リーグ戦とチャンピオンズリーグ合わせてファン・ダイクが欠場したゲームは11試合あるのだが、成績は8勝2分1敗。失点は僅かに6点だ。

11月に入ってからはジョー・ゴメスも離脱しているため、リヴァプールはジョエル・マティプ、ファビーニョ、さらに若いナサニエル・フィリップス、リース・ウィリアムズらを起用。必死にファン・ダイクの穴を埋めながら勝ち点を積み重ねている。

もちろんファン・ダイクは優秀なセンターバックだが、今季ファン・ダイクが出場した8試合では16失点も喫している。4-3と打ち合いになったリーズ・ユナイテッド戦、2-7で敗れたアストン・ヴィラ戦が大きく響く形になっているが、1試合平均2失点と守備は崩壊気味だ。

それがファン・ダイク不在の11試合では1試合平均失点が0.55点にまで減っており、この安定感に驚いているサポーターも多いだろう。相変わらず攻撃陣は好調を維持しているため、ファン・ダイクの穴さえ埋められれば今季もプレミアリーグ制覇に最も近いのは昨季王者のリヴァプールか。

果たしてこのペースをどこまで維持できるのか。どこかのタイミングでファン・ダイクの穴を感じる時がくるかもしれないが、ここまでは想像を超えるパフォーマンスが披露できている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ