モナコで躍動する“いぶし銀FW”に注目せよ ドイツからやって来た28歳

今夏レヴァークーゼンからモナコに加入したフォラント(左) photo/Getty Images

レヴァークーゼンから加入したFW

今夏レヴァークーゼンから他クラブへ引き抜かれた選手といえば、チェルシーに活躍の場を移したドイツ代表MFカイ・ハフェルツの名前を思い浮かべる人が多いだろう。最大1億ユーロ(約126億円)にものぼるとされる移籍金でプレミアリーグのビッグクラブへと旅立った同選手。移籍先でもチームの主力として活躍しており、間違いなく彼への注目度は高い。

しかし、そんなハフェルツの他にも今夏レヴァークーゼンから移籍を果たし、新天地で活躍している選手がいる。その選手とは、ASモナコの28歳FWケビン・フォラントだ。「ハフェルツばかりに注目は集まっているが、今夏レヴァークーゼンから移籍した先で活躍しているのはフォラントも同じ。決して見逃してはいけない」。このように綴るのは独『Sport Bild』で、同メディアはこのドイツ人FWのモナコにおけるパフォーマンスももっと評価されるべきと主張する。

2017-18シーズンからブンデスリーガで3季続けて二桁得点を記録したフォラント。得点とアシストの両方でチームに貢献できる同選手はモナコでもさっそく定位置を獲得しており、ここまでリーグ・アンでは9試合に出場し早くも4ゴール3アシストを挙げる活躍を披露している。

そのなかでも、現地時間20日行われたリーグ戦第11節パリ・サンジェルマン戦におけるパフォーマンスは圧巻だった。この試合に先発出場したフォラントは0-2とリードされた52分にこの日1点目となるゴールを挙げると、65分にはMFセスク・ファブレガスの巧みな落としに反応して同点ゴールを決める。すると81分には相手DFのミスを突いてボールを奪い、PKを獲得。チームの全得点に絡む活躍を見せ、フォラントはモナコの大逆転勝利(3-2)に貢献した。フランスの絶対王者を打ち破ったモナコにおいて、フォラントが放った輝きは特別だったと言って間違いないだろう。

ハフェルツほど華のあるプレイヤーでこそないものの、このPSG戦で見せたように渋いプレイでコツコツと得点数を積み重ねるフォラント。なかなか注目されない同選手だが、28歳のドイツ人FWは早くもモナコの攻撃陣に欠かせない選手となっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ