セルビア代表では“11戦5ゴール” レアルで輝けぬ驚異のゴールハンター

セルビア代表のヨビッチ photo/Getty Images

ワールドクラスのFWになれる才能を秘める

残念ながらEURO2020出場は逃してしまったが、今のセルビア代表は実力あるタレントが揃う面白いチームだ。18日にはネーションズリーグでロシア代表を5-0のスコアで粉砕しており、まずまずの力は持っている。

中でも注目したいのは、セルビア代表が誇る驚異の点取り屋ルカ・ヨビッチだ。ヨビッチといえばレアル・マドリードに所属しているストライカーだが、セルビア代表でプレイするときのヨビッチは別人へと姿を変える。

レアルでは出番を掴めず苦戦しているものの、今回のロシア戦でも2得点1アシストと活躍。代表デビューを果たしたのは2018年の6月のことだが、それから11試合プレイして5得点2アシストと見事な成績だ。セルビア代表にとってエース級の存在なのは間違いない。

敗れはしたものの、今月12日に行われたスコットランド代表とのEURO2020プレイオフ決勝でもヨビッチは後半終了間際に貴重な同点弾を記録している。今月の代表マッチウィークだけで計3得点を挙げる活躍を披露したのだ。

この数字に米『Bleacher Report』も注目しているが、ヨビッチはレアルに加入した昨夏から2点しか奪えていない。その数字を今月の代表戦だけで超えてしまったことになり、チームスタイルさえ合えばゴールを量産できるストライカーなのだろう。

レアルがヨビッチを活かしきれていないのは残念なところだが、22歳のヨビッチが輝ける場所はどこにあるのか。得点感覚はワールドクラスと言っても大袈裟ではないはずで、クラブシーンでもサッカー界の主役となってほしい選手だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ