A・デイビスをクルリと抜いたのは“17歳” リヨンにはもうNEXTスターが

リヨンのチェルキ photo/チェルキのInstagramより

17歳とは思えぬ落ち着きとテクニック

ミラクルもバイエルン相手には通用しなかった。

今季のチャンピオンズリーグでユヴェントス、マンチェスター・シティを撃破するなど旋風を巻き起こしていたリヨンだが、19日に行われた準決勝ではバイエルンに0-3で敗北。

結果は残念だったが、ベスト4まで進んだだけでも凄いことだ。

それを成し遂げる原動力となったのはMFフセム・オーアルやFWムサ・デンベレらで、彼らにはビッグクラブが目をつけている。

リヨンは昨夏も主力を数名ビッグクラブに引き抜かれているが、今夏も似たような引き抜き劇がいくつか起こるかもしれない。

しかし、すでに楽しみな逸材が出てきているところもリヨンの面白さだ。

今回0-3で敗れたバイエルン戦では17歳のFWライアン・チェルキが73分から途中出場。グループステージのゼニト戦にも出場はしていたのだが、決勝トーナメントの出場はチェルキにとって初めてのことだった。

しかもその舞台でバイエルンDFアルフォンソ・デイビスを華麗なターンでかわすスペシャルなドリブルを披露し、話題を呼んでいるのだ。

チェルキは以前から驚異のテクニックを持つドリブラーとして有名だったが、そのドリブルは快速サイドバックとして大ブレイク中のデイビスにも通用した。それを確認できただけでも、チェルキにとって大きなゲームだったか。

あと1、2年もすればチェルキがチームの中心となっていくに違いない。そしていずれはチェルキもビッグクラブに引き抜かれることになるだろう。

来季以降チェルキがどんなトリックを連発してくれるのか非常に楽しみだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ