レギロンに固執しなくても優秀な守備型SBはいる ナポリが目指す“プランB”

すでにウクライナ代表にも召集されているミコレンコ photo/Getty Images

ウクライナで赤丸急上昇中の21歳

今季セリエAをまさかの7位でフィニッシュすることとなったナポリ。シーズン途中で指揮官交代というハプニングもあっただけにチームの立て直しが難しかったということも考慮しなければならないが、もう少し上の順位にはいたかったところだろう。来季の巻き返しには期待がかかる。

しかし、そう簡単に順位を上昇させることができるならば苦労はしない。2020-21シーズンに逆襲を図るならば、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督のサッカーに適する人材を何人かは補強しなければならないだろう。復活への道は甘くないのだ。

前線はリールからナイジェリア代表FWヴィクター・オシムヘンを確保することに成功した。高さとスピードを兼ね備えたストライカーはナポリの攻撃陣を活性化させてくれることだろう。この補強は見事だったと言える。だが、その一方で今季リーグ戦で50失点を喫した守備陣にも新たな力は必要との見方も。センターバックは欧州でも随一の実力者と評価されるカリドゥ・クリバリとコスタス・マノラスがいるが、サイドバックは少し心許ない状況と言える。

そこでナポリが獲得に向かうとされていたのがレアル・マドリードの23歳DFセルヒオ・レギロンだ。今季レンタル先のセビージャで31試合に出場し、チームの4位フィニッシュに貢献した同選手。レアルでは左SBの3番手扱いとも言われているが、その守備力の高さはピッチ上で証明している。確保できればナポリの最終ライン強化に一役買うだろう。

とはいえ、その実力ゆえにレギロンは今夏移籍市場で出回る選手の中でも注目株と位置付けられる選手だ。獲得が失敗に終わる可能性も大いにあるだろう。ナポリの他に興味を持っているとされるパリ・サンジェルマンやアーセナル、チェルシー、エヴァートンといったクラブは強敵。マネーゲームに持ち込まれればナポリにとっては不利と言えるか。

そんなレギロンをめぐる状況もあり、ナポリは急遽ターゲットを変更する可能性があると伊『calciomercato』が伝えている。彼らが新たに目をつけたのはディナモ・キエフに所属するウクライナ代表DFヴィタリー・ミコレンコだ。レギロンと同様にディフェンス力を売りとするSBで、早い段階でボールを刈り取りに行くアグレッシブさや、それでいて的確な状況判断ができる落ち着きは現地でも評価が高い。身長は181cmとそこまで大きくはないが、CBとしてもプレイできるユーティリティ性も魅力と言えよう。

ウクライナでプレイしているだけに注目度こそレギロンには劣るが、大きな伸びしろを感じさせるミコレンコ。はたして、ナポリは今夏この21歳をチームへ迎え入れることとなるのだろうか。南イタリアの古豪は上質な“プランB”を用意しているようだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ