マンCで急成長する“イングランドの宝” 「最高のうちの1人になる」

マンCのフォデン photo/Getty Images

リーグ戦再開後から覚醒の兆し

マンチェスター・シティの次世代を担う選手。これまでは周囲の人からそう捉えられていたが、もうこの20歳は完全に“主力選手”としてジョゼップ・グアルディオラ監督の率いるチームに変化をもたらしている。MFフィル・フォデンのことだ。

リーグ戦再開後に出色のパフォーマンスを披露したこともあって、フォデンに対する周囲のイメージは一変したと言っていいだろう。再開前まではリーグ戦での得点がゼロだったにもかかわらず、この21歳は最後の10試合で5ゴール1アシストをマーク。ウイングという新たな役割を任される中で、彼は得点力という武器を身につけた。先日行われたチャンピオンズリーグのレアル・マドリード戦という大一番にもスタメン出場した同選手。もはやチームに欠かせない1ピースとなっていることは明白だ。

そんな急成長を見せているフォデンには、かつてトッテナムなどでプレイし現在は英『talkSPORT』で解説員を務めるジェイミー・オハーラ氏もメロメロとなっているようだ。同氏はこの若者のことをイングランドサッカーの歴史においても最高の一人になる可能性があると絶賛。次のように語っている。

「私は将来、フォデンがイングランド代表のキャプテンになる可能性もあると思っているよ。これまで私が見てきたイングランド代表選手の中でも、彼は最高のうちの1人になるはずだ。シティにおいて、彼はダビド・シルバの後継者とみなされているね。だが、私からしてみればフォデンは彼よりも優れていると感じるよ。ここのところイングランドでは(メイソン・)グリーンウッドや(マーカス・)ラッシュフォードといった選手たちが注目を浴びているが、フォデンはその中でも最高だと感じる。彼はピッチ上のどこでもプレイすることができるんだ」

師匠とも言えるD・シルバをも凌駕する才能の持ち主と称賛の言葉を贈られたフォデン。はたして、この20歳は今後のキャリアでそういった期待に応えられるほどの名手となることができるのだろうか。デイビッド・ベッカム、スティーブン・ジェラード、ウェイン・ルーニー、ボビー・チャールトン、アラン・シアラー……。イングランド代表ではこれまで様々なレジェンドがプレイしてきたが、フォデンがその中に名を連ねる日もそう遠くはないかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ